NEWSニュース

RE:REでオリジナルリッチメニュー!?
2022.05.11

RE:REでオリジナルリッチメニュー!?

「お店に合わせたリッチメニューを変更したい!」
「予約システムのデザインをオシャレにしたい!」

などといったお声を多数いただき、ついにオリジナルリッチメニューに変更できるオプションを追加いたしました!現在、多くのお店で使用されている予約アプリにはお店独自の予約アプリやLINEを使ったLINE予約アプリなどがあります。

今回はLINEリッチメニューの概要とLINE予約システムRE:REの新オプションのオリジナルリッチメニューを紹介します。

LINEリッチメニューとは?

LINEリッチメニュー機能

LINEリッチメニューとは、公式LINEアカウントの機能の一つで、トーク画面の下部(キーボードエリア)に固定で表示されるメニュー機能のことです。画面を大きく使うため、ユーザーの目を引くことができ、ユーザーの高いクリック率が見込めます。

LINEリッチメニューに表示できるメニュー数は、テンプレートに合わせて6個まで選択できます。商品紹介やセール情報、ECサイトへのリンクなどを自由に設定でき、各メニューをタップすると対応するサービスへ遷移します。

公式アカウントのトーク内に固定表示させる事が可能でユーザーが情報を認識しやすくユーザーの目を惹きつけやすいです。

LINEリッチメニュー特徴

LINEリッチメニューは無料で始められます。LINE公式アカウント全ての料金プランに搭載し、無料のフリープランから設定できます。追加料金がないのでメニューのデザインがいつでも変更でき期間が終了したら通常のデザインに戻すという方法を取ることもできます。

デザインの変更やボタンの追加などの更新が無制限に行えます。ユーザーには更新の通知はないのでデザイン変更が随時可能です。メニューのボタンの大きさやデザインの更新にも制限がないので、必要に応じてカスタマイズしリッチメニューの表示の最適化を図れます。

LINE公式アカウントのメッセージ配信数は制限があります。配信数を節約したい場合は最新情報などを一番大きいボタンに設置して目立たせると良いでしょう。

弊社ではデザイナーによるリッチメニューの作成もしてます。オリジナルリッチメニューが見たい!など

下記のボタンよりお問合せお待ちしております。

LINEリッチメニュー注意点

リッチメニューはスマートフォン版LINEのみの機能です。パソコン版LINEでは表示されません。ユーザーがLINEを閲覧するデバイスは大半がスマートフォンですが、リッチメニューはパソコン版のLINEでは表示されないので注意が必要です。

リッチメニューを1枚の画像とする場合は、テンプレートのサイズに合わせた画像を作成する必要があります。画像のサイズが違っているとリッチメニュー作成時にアップロードできません。自社で画像を作成する際は注意しましょう。

アップロード可能な画像のサイズは異なります。詳しくはLINEの公式アカウントを参照。設定しても、すぐに反映されないことがあります。ご注意ください。

LINEリッチメニュー運用のコツ

LINE公式アカウント参照

商品やコンテンツに誘導

LINEリッチメニューは、テキストメッセージよりもコンテンツへ誘導が簡単です。画像やイラストを活用したメニューを固定でき、読者の関心を集めやすいからです。トーク画面に常設されているため、顧客の目に入りやすいため、高いコンテンツの誘導が見込めます。

トーク画面の約半分を占める「リッチメニュー」は、デザイン性やキャッチコピーによって、誘導効果が向上します魅力的なデザインを活用できれば、誘導率のアップだけでなく、ブランドイメージの向上にも繋がります。

重要なのはあくまでもユーザー目線です。お店側の都合だけでコンテンツを企画するのではなく、ユーザー層にあったコンテンツを作成しましょう。

お店の予約に繋げる

LINEリッチメニューではショップカードやクーポンだけでなくすぐに予約をできるボタンを設置してる店舗が多くあります。飲食店を例に挙げるとリッチメニュー→席予約という手段があります。他にもリンクからダイレクトに電話をかける機能も設定可能です。

LINEリッチメニューのリンク設定で「tel:」に電話番号を入力すると、リンクから電話をかけられます。他サイトに移ってから電話で予約するという手間がなくなり、スムーズに予約・問い合わせへ繋げられます。

リッチメニューを作成する際は3つのポイントを意識しましょう。

  • クリックしやすい様に細部までこだわる
  • デザイン性はボタンを意識
  • ユーザーの目を惹きやすくする

弊社ではリッチメニューでの設定も代行しております。運用からリッチメニュー作成までサポートして欲しい!など。

下記のボタンよりお問合せお待ちしております。

Canvaでリッチメニューを作成

Canvaは無料(有料版あり)で使えるデザインツールです。LINEのリッチメニューはもちろん、インスタ投稿や資料作成にも使える便利なツールでこちらから登録できます。パソコンがあればブラウザで簡単にデザイン作成が可能です。おすすめしたいデザイン作成ツールになります。

Canva内でテンプレートが多くあり、必要な素材が揃っているので非デザイナーの人にぜひおすすめしたいデザイン作成ツールになります。SNSやWebサイトで使う画像はもちろん、チラシやポスターといった紙で印刷するデザインも作れます。

Canvaでリッチメニューのデザイン作成動画

LINE予約システムRE:REのオリジナルリッチメニューとは?

弊社のデザイナーが作成します!

LINEリッチメニューを弊社のデザイナーが制作します。 企業や個人、店舗側などのイメージにも繋がるため重要なデザインですので、ご依頼いただきました方のご希望に添えるように丁寧にヒアリングし制作して参ります。

LINE予約システムRE:REのリッチメニューのデフォルトもございますが、オリジナルリッチメニューはユーザーの目を惹きやすくことができます。多くのお客様にご相談・ご依頼増えており、高評価をいただいています。

参考にしているデザインや希望イメージに近い雰囲気の画像をお送りいただけますとスムーズに制作を行えます。

修正回数など契約期間内は無制限に可能

少しの修正から大きく印象を変える修正まで 追加料金無く対応いたします。LINE公式アカウントは自社とユーザーとの関係性を長期的に深めていくものですので、ご要望になるべくお応えできるよう、精一杯対応させていただきます。

LINE予約システムRE:REは契約期間なし、お店の都合に合わせて解約ですのでお客様の状況に応じて対応します。例えば、新商品セールやキャンペーン期間中はキャンペーン用のリッチメニューを表示するように期間を設定依頼することも可能です。

LINE公式アカウントリッチメニュー制作+設定代行も可能です。※作成に1週間程度いただきます。

作成依頼から納品までの流れ

オリジナルリッチメニューの制作の流れですが、LINE予約システムRE:REの導入する際にリッチメニュー作成依頼の有無を確認した後に作成を開始します。その際にヒアリングをもとにお客様にデザイン提案します。

その後、LINE予約システムRE:REの正式導入前にデザインを確認していただき修正・調整していきます。確認後にはLINE公式アカウントにあるリッチメニューを設定し、LINE予約システムRE:REが使用できる状態にして納品します。

▼制作の流れ

  • LINE予約システムRE:REの導入
  • ヒアリングをもとにデザイン提案
  • デザインを修正・調整
  • LINE公式アカウントリッチメニュー設定

まとめ

今回はLINEリッチメニューの概要とLINE予約システムRE:REの新オプションのオリジナルリッチメニューについて紹介しました。

この新オプションは月額利用料に2000円追加で導入可能となっております。

メニューやデザインなど、お店オリジナルにしてみるのはいかがでしょうか?

詳しくは下記のボタンから

弊社の予約システムRE:REは、月額9800円で全ての機能を提供します。

無料でのトライアルも体験出来ます。

予約管理や会計方法などにお困りの方は是非、予約システムの導入をしてみてください。

下記のボタンよりお問合せお待ちしております。

ニュース一覧へ